子供に多い中耳炎

小さい頃風邪をひくたびに中耳炎になった記憶をお持ちの方も少なくないでしょう。
中耳炎は子供のうち、かなりメジャーな病気の一つです。
多くは風邪を引いたとき鼓膜の奥の方に菌が入ることによって膿がたまってしまいます。
痛みを伴うこともありますし、全く気付かず感知してしまうこともあります。

中耳炎でかなり痛い思いをしたり、長引いて大変な思いをしたという人は夜急にいたくなったらどうしようとか、不安をお持ちだと思いますし、お子さんがなりやすい病気なので小さいお子さんをお持ちの方は、中耳炎の知識を少し持っておく方が安心でしょう。

外耳、中耳、内耳という三つに分かれそれぞれが部屋の様になっています。
この中耳と呼ばれる部分に菌などが入り込み炎症を起こします。
痛みがでたり、膿が耳から出てきたり、しっかり処置しないと長引く病気なので、耳鼻科で対応してもらわなくてはなりません。
一般的に生後半年くらいから5歳くらいまでに多く、その後、大人になっていくほど少なくなります。

しかし大人も疲労している、疲れがたまっているという状態では体の抵抗性がなくなっていくので風邪をひきやすくなり、体が弱っているため内耳まで菌が運ばれ中耳炎になる事もあります。
5歳児くらいになってくると耳が痛いなどはっきり意思表示ができますが、小さい赤ちゃんは言葉で表すことができないので、しきりに耳に手を持っていくなどが見え、ぐずって機嫌が悪いというときは中耳炎を疑って医師の治療を受けに行きましょう。

当サイトは、中耳炎の種類や症状などをお知らせします。
みなさまのお役にたてたら幸いです。



◎特選外部サイト
耳鳴り ... 耳鳴りや頭痛を改善する効果のある第2類医薬品です。

Copyright © 2014 中耳炎の症状の特徴 All Rights Reserved.